人も、チラシも、
好意を持ってもらったり、
信用してもらうには、
同じ「ある条件」が必要です!



それは、何かというと、












答えは、
======
 接触回数
======
です!!!


人は、会う回数に比例して
その人を深く知ることになりますね。
(好みは別として、、、)


チラシも同じように
時間差で何度も見る機会があれば、
「認知」してもらえる
可能性が出てくるんです。



ポイントは
【時間差で認知し続ける】
ということです。


人は忘れることが得意な動物。


一回見て
「あ!いいなコレ」と思っても
日々の忙しさもあり、
すぐにチラシのことなんて忘れてしまいがち。


なので、それを前提にして
【時間差で認知し続ける】というのが
とっても大切なポイントになってきます。



定期的に思い出してもらうための
【時間差認知活動】。
ぜひチラシ配りにも
取り入れてみてくださいね。