先日、facebookに投稿したら
反響が大きかったので、
今日は「小規模事業者持続化補助金」
について、「チラシづくり」とからめて
お伝えします。

「小規模事業者持続化補助金」は
経営計画に基づいて実施する
販路開拓等の取り組みに対し、
原則50万円を上限に補助金
(補助率2/3)が出る
日本商工会議所管轄の補助金です。

平成28年度の
第2次補正予算における募集が、
今月末27日に締め切りとあって、

年明けから、
=====
・補助金が採択されたら
ラブレターチラシを作りたいのですが。
・補助金申請用の見積書をください。
=====
などのお問い合わせが続いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は、ある経営者さまと
直接お会いして、
申請書の書き方のアドバイスを
させていただきました。

また、士業やコンサルタントの方からの
お問い合わせも多く、
お電話Skypeなどでも
より通りやすくなる申請書の書き方を
私なりの視点でお伝えしました。

以前私はこの補助金に
採択された経験がありますが、
申請書で一番重要なのは、
なんだと思いますか?

それは、ずばり、、、、、

「補助事業で行う事業名」です!!!!!

この補助金では
補助事業名は
「30文字以内」という条件が
付けられていますが、

制限文字数内で、
=====
・誰に
・何を
・どのように提供するのか
=====
をいかにシンプルに伝えるかが
ポイントなんです。

これは、まさに
チラシのタイトルと同じ
なんですよね。

そして、申請書は、
ただ文章だけではなく、
ビジュアル(画像やイラストや図やグラフ)
などを多用することで、
申請書を審査する担当者が
スムーズに理解することができて
親切です。

これもまた、
チラシと同じですね!

大切なのは、

「発信したいこと」
を一方的に書くのではなく、

「あなたの業界を知らない読み手が
スムーズに理解できる構成や文章」
で伝えることなんですよね。

パッと見て事業内容がわかり、
読み込んでいってわくわくする!
そんな申請書が作れたら
オッケーだと思います。

もしこれから申請書を提出される方は
ぜひ、このポイントを
押さえてみてくださいね。

それでは、今日はこのあたりで!

お読みくださりありがとうございます。
今日も素敵な一日をお過ごしください。

 

商談成立の右腕となる価値あるリーフレットの無料情報はこちら