こんにちは。
ラブレターチラシの長谷川なみです。

 

昨日は、
八王子商工会議所にて
日本のPOP界の
第一人者、山口茂先生の
〈POPの書き方セミナー〉で
学んで来たんですー!

=====
山口茂先生の公式サイト
http://www.pop-school.com/
=====

 

POPって皆さんご存知だと思いますが、
Wikipediaでは
===
紙を広告媒体としてその上に商品名と価格、
またはキャッチコピーや説明文、
イラストだけを手描きしたものであり、
数ある広告媒体の中でも
単純なツールの一つである。
===
と解説されてます。

 

POPが徹底されている!と言えば
「ドン・キホーテ」ですね。
ひとつひとつの商品に
丁寧にPOPが付けてあって、
お客様にやさしいな、と感じます。

 

 

さて実は、
2年ほど前にも一度
山口先生のPOP講座を受講したのですが
先生がいつも仰っているのは

=====
商品の特徴や価格ではなく、
感じたことをそのまま
言葉にして書くことが大切。
=====
ということ。

 

「まさに
これはチラシでも同じ!」
と、何度頷いてしまいました。

売上げに繋げるには、
こちらが伝えたいことを伝えては
ダメなんですよね。

その商品を実際に体験・体感したことを
表現することがポイントです。

 

セミナーでは、
自分でひとつPOPを作るという
課題があったのですが、
八王子のいちょう祭りの出店を想定して
書いてみました。
(画像掲載します。字が汚いのはスルーでお願いします^ ^)

 

このPOP、山口先生にも
お褒めいただいたので(嬉しい!)、
あなたの販促の
小さなヒントになったら幸いです^ ^

 

山口先生は、
定期的に、しかもとてもリーズナブルな価格で
POPのセミナーを開催されてます。
ご興味ある方はぜひ参加されてみてください^ ^
http://www.pop-school.com/study/

 

単に、POPを書き方の技術だけでなく
売上げに繋がるPOPの本質がわかります!

それでは今日はこのあたりで。
いつもありがとうございます。

 

チラシやリーフレットで売上を上げたい方はぜひお読みください^ ^
【無料・動画付】見せれば売れるサービス&リーフレット_7STEP講座