先日、一般財団法人
ブランド・マネージャー認定協会の
公開シンポジウムに行ってきました。

パネリストの皆さんが
仰っていたのは一貫して
========
物だけ売ってちゃダメ!
世界観や体験を売れ!
========
ということでした。

Amazonや
コンビニエンスストアの
便利さや早さが
当たり前の今の時代。

中小零細企業のお店が
Amazonや
コンビニエンスストアのように
物だけ売ってちゃ、
勝てるわけがない!
という理論なのですね。

だからしっかり、
===========
世界観を見せて、
体験ごと売っていくこと
===========
が大切だという内容でした。

シンポジウムでは、
成功している中小企業の
事例もいくつか発表があり、
世界観や体験を売るための
【ブランドの作り方】についても
レクチャーがあって、
チラシ作りの側面でも
大変勉強になりました。

=====

普段チラシ作りの
コンサルティングを
させて頂く中でも
お伝えしているのですが、

「販売」だけを目的とした
チラシを作っていては、
実はなかなか売れないんです。

▼お得感だけをやたら
 アピールしたり
▼どこか煽りぎみのコピーだったり
▼商品サービスの掲載しかなかったり

それだといけません。

☆何故その商品サービスを
 販売しているのか
☆その商品サービスに触れることで、
 一体どんなワクワクがまっているのか

など、
「商品サービス」の
【周りにある世界観】を
伝えていくことが大切なんだなーと
思っています。

チラシの本当の役割。
みなさんも考えてみてくださいね。