今日は、
============
デザインにこだわるのではなく、
ビジュアルにこだわれ!!
============

というお話。
チラシを作り込んでいくとき
「デザインどうしよう。」
「どんな風にしたら
見栄えが良いかな?」
と立ち止まってしまうこと
よくあると思います。

人の作ったチラシを参考にしたり、
気に入っているサイトのデザインや
色を参考にする人もいるかもしれません。
また、ターゲットの人が
好みそうなデザインを意識して
作る方も当然いらっしゃいますね。

 

もちろん、デザインって
大切ですよ。
でも、すごく重要なことは、
==========
「チラシのデザイン」で
毎回悩むのではなくて、先に、
「事業としてのビジュアル」
を確定すること!!
==========
なんです。

 

ちょっといまいち
ピンときませんよね?

 

私がお伝えしたい
「チラシのデザイン」と
「事業としてのビジュアル」の
違いをお伝えします。

「チラシのデザイン」とは、
チラシ上に文言や写真・装飾を
どうレイアウトして形にするか、
ということです。
こちらは、単純です。

一方で、
「事業としてのビジュアル」は、
そのビジネスを行うにあたって、
そのビジネスを表現するために
予め定めた独自のイメージのこと。
例えば、「お料理教室」を
主宰する方の場合。

 

一般的に「お料理教室」という
コトバを聞いただけでは、
人は自分がこれまでに
知ったり体験したりした
お料理教室のイメージで
ビジュアルを想像します。
人によってそれは、、、

・市民センターで開催される
シニア向けの地域のお料理教室

かもしれませんし、

・大手企業が主宰する
設備のしっかり整った
会員制のお料理教室

かもしれませんし、

・隠れ家レストランで開催される
クローズドの高級お料理教室

かもしれませんし、

・ママと子供が一緒に参加できる
ファミリー向けのお料理教室

かもしれません。

このように想像する人によって
同じ「お料理教室」というコトバ
だけでは、
実際にどんな教室なのかが
理解できないのです。

 
ですので、
ご自身の「お料理教室」の
ビジュアルを独自で決めてしまうと
もう、ブレません!!!
試しに「お料理教室 画像」
でネット検索してみてください。

 
いろんな「ビジュアル」が
そこにはあります。

 
スタイリッシュ
ゴージャス
田舎
アットホーム
手作り感
にぎわい感
シェルが教える



ご自身のビジネスだと
どんな「ビジュアル」に
なりそうですか?
サービスの価値以上でもない、
以下でもない、
価値そのもののビジュアルを、
ぜひ考えてみてくださいね。

 

今日の内容はちょっと
難しかったと思います。
ご質問、お待ちしています!!