先週、阪本啓一さんの著書
===========
繁盛したければ、
「やらないこと」を
決めなさい
(日本実業出版社)
http://urx.nu/jcmc
===========
の出版記念セミナーに行ってきました。
阪本啓一さんは
旭化成にお勤め後、ニューヨークへ渡り
経営コンサルタントとしてご活躍後、
日本で経営コンサルティング会社
JOYWOWを創業。
これまで多くの企業を
コンサルティングされてきた中で、
「とんがった会社は
やらないことを決めている」
ということに気づいたのだそうです。
セミナーでは、
「やらないこと」を決めたことで、
繁盛しているお店の事例や、

「やらないこと」を決めるワークなど
紹介されていて、
非常に勉強になりました。

マーケティングを考えるとき、
よく「USP(自社の強み、独自のウリ)」
という言葉が使われますが、
これって、突き詰めると
「やらないこと」を決めることと
イコールなのかもしれないですよね。
「やることを決める」より
「やならいことを決める」方が、
目立つのだな〜と腑に落ちました。

〜〜〜〜〜〜
そんな阪本啓一さんの
セミナーに行った翌日。

私は一人会議をしようと
こちらの珈琲店に出かけました。
=========
高倉町珈琲店
http://takakuramachi-coffee.com/hachioji/concept/
=========
八王子にしては斬新なこのお店。
落ち着いたホテルのラウンジを思わせる店内に、
美味しい珈琲とパンケーキ、
大人好みの食事が楽しめます。
ファミレスの大人版?とも言うべき
お店の作りとインテリア。
なかなか落ち着けたので、
普段浮かばないアイデアが降ってきて、
本当に私にとっては有り難いお店でした。
そして、ふと、思いました。
高倉町珈琲店で「やらないこと」は
決めているのだろうか。
決めているとしたらなんだろうか。
改めて店内を
くまなく見回してみました。
平日14時すぎでしたが、
60席前後ある店内は8割以上お客様で
埋まり賑わっていました。

客層は団塊の世代の女性が多く、
お洒落をした60代くらいの女性3人組や、
50代のお母さんと高校生の娘のペア、
小学校のPTAのメンバーかな?と思える
女性6人組。
60代くらいのご夫婦が3組。
おばあちゃん、娘、孫(3歳くらい)、等等。

お客さんの顔ぶれは、
そんな感じでした。

「ということは!」と閃いて
メニューをペラペラめくってみると、
やはり予想どおり
【子供向けのメニューが無かった】んです。
お子様セットとか、
キッズメニューが。
このお店があるのは八王子の
動脈とも言える甲州街道沿い。
お子様セットとか、
キッズメニューがある
いわゆるファミレスは他に沢山あります。

団塊の世代にターゲットを絞り、
お子様向けメニューを置かないことを
「やならいこと」のひとつとして
ちゃんと決めているんだなと思いました。
(もちろん、ドリンクバーもありません。)
〜〜〜〜〜〜〜
「やらないこと」を決めるって
本当に大切なんだな!と痛感。

早速私も、「やらないこと」を
決めることに取り組んでいます^ ^
あなたは、何を、やりませんか??