さて、今日はー

私の高校時代の同窓会幹事メンバー
から学んだ、
【集客の極意】についてお伝えします。

 

一年前、
高校時代の近しい友人3名と共に、
「同窓会を開催したいね!」と盛り上がり、
昨年の9月におよそ30名を集めて
八王子のイタリアンのお店を貸し切って
同窓会を開催した、
ということがありました。

 

20数年前の高校卒業以来、
初めてあうメンバーが何人もいたり、
高校の同級生同士で結婚している
メンバーがいたり、
多種多様なメンバーが集まって
かなり盛り上がったんですね!

 

「来年もまたやって!」
という声を沢山頂いたこともあり、
今年4月から、幹事メンバーたちと
9月の開催に向けて準備をスタートしました。

 

私は、他の4人のメンバーを頼ってしまって
あまり力になれていないのですが、
幹事メンバーから日々流れてくる
facebookグループの投稿が熱いんです。

そのやりとりを見ていて驚いたのは、
なんと、
昨年の参加者を上回る30数名もの
同窓生たちから、
「すでに参加確約を貰っている」
そうなんですよ!

開催は、9月なんですよ!!!

 

 

まだ6月に入ったばかりだと
いうのに!!!

 

 

これには度肝を抜かれました。。。

 

 

幹事メンバーたちの凄いところは
沢山あるのですが、
やはり、情熱が違います!!

================
去年やった同窓会がとにかく最高だった!
今年はもっと一緒に楽しんでくれる
メンバーを増やして、
みんなで昔を懐かしみながら、
新たな繋がりを増やせる場を作れたら。。。
================
という一致団結感。

 

なので、
「ひとりでも多くの人に開催を伝えたい!!」と
行動量がハンパないんです。

 

 

そして、全部自分たちで
やらないのが、凄い!

野球部
テニス部
サッカー部
バレー部
バスケ部
吹奏楽部
ハンドボール部
陸上部
などなど

当時の部活のリーダー
(部長ではなく、「連絡」に強い人)に声をかけ、
各部活のメンバーを
個々に口説いてもらっているんです。

 

 

これって、まさに
ラブレターチラシと同じ考え方。

 

一人対一人で、連絡を取るから、
連絡をもらった方も
少なくとも返事をしないわけに
いかないんですね。

 

そんな幹事メンバーの尽力があって、
開催三ヶ月前にして、
昨年を上回るメンバーの参加が確定しています。

本当に、幹事のみんなには頭下がります。

〜〜〜〜〜〜

これって、ビジネスでも多いに
使える考え方。

 

沢山の案件を抱えていて
一ヶ月先の目の前の集客に力を入れている人も
多いかと思いますが(私もそうです!)、

 

先手先手で告知して
早め早めに人を集めて、
集客を不安に思うことなく
開催当日を迎える。

 

これって、理想ですよね。

 

幹事のみんなからまなんだ、
先回り集客術。

ぜひ私も身につけたいなと思います!