こんにちは。
ラブレターチラシの長谷川なみです。

「これ、以前プロのデザイナーさんに
作ってもらったチラシなんですけど、
見てください。」

 

 

そんな風に
クライアントさんから
チラシを見せてもらう機会が
よくあるのですが、

 

 

「絶対にあり得ないでしょ!!!」

 

 

「このチラシじゃ、
 売れっこないでしょ!!!」

 

という、チラシの失敗パタンが

あります。

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル部分に
ロゴマーク(もしくは屋号)が
ドドーーンと大きく入っている
チラシ!!!です。。。

 

 

(なんとなく、イメージつきますよね??)

 

 

 

こういうチラシを

私はよーく見かけるのですが、、、

 

この手のチラシを提案してくる
グラフィックデザイナーさんは
信用してはいけませんっ!!
(グラフィックデザイナーさんの中に
稀にそういうデザインをする方がいらっしゃいます。)

 

 

 

 

どうしてこのタイプのチラシがダメかというと、
ロゴマークや屋号は、
読み手にとって、
正直どーーーーでも良い情報だからなんです!!!

 

 

(経営者にとっては思い入れが大きく、
大きく見せたくなるものかもしれませんが、、、)

 

 

 

 

 

では、チラシの
タイトル位置に入れるべきは、
一体なんでしょう?

それは、、、
間違いなくキャッチコピー
あるべきなんです。

 

 

 

 

 

キャッチコピーこそ、
読み手(見込み客)へむけての
ラブレター!!!!!

読み手のハートに刺さる
コピーを最初に見せてこそ、
集まるチラシを作ることができるんです。

 

 

 

 

 

 

あなたのチラシは大丈夫ですか?

 

ぜひ、今一度見直してみてくださいね。