160329「セミナーや教室をやってますが、
開催風景の写真は毎回撮った方が
良いのでしょうか?」

 

先日のセミナーで
参加者の方から、こんな質問を頂きました。

 

質問くださった方は
毎回同じような講座を主催しているので、
「毎回撮影」することに
新鮮味を感じないかもしれないですね。

 

また、会員制などで
毎回、似たようなお客様が
ご参加の場合を考えると、
やはり「毎回撮影」をお願いするのも
無意味に感じたり、
どこか気が引けたりするかもしれません。

 

でも、私はその方に、
「できるだけ毎回撮影してください!」
とお伝えしました。
というのも、
写真というのは、実は「数」が大事。
その都度撮影して、ストックして欲しいのです。
どうしてかというと、
facebookなどで
「こんな講座やりました」と
シェアする際にも勿論有効ですが、

 

 

セミナーや講座の告知をする時に、
毎回使う写真を変えたり、
または複数の写真を使うことで、
=======
・実績の厚み
・リアル感
・にぎわい感
=======
を演出することができるんです。
写真は、
文字情報の何十倍もの情報を
一瞬で伝えてくれる強者!!!
文字情報では伝えることのできない
生の雰囲気を語ってくれます。

 

しかも、そういった臨場感溢れる
写真をいくつも見せていくことで、
見た人から
・今度は参加したい!
・なんだか楽しそう!
と思ってもらえる
前向きな印象を与えることができるんです。
できるだけ、
講座やイベントの写真は
しっかり毎回撮り溜めておいて、
効果的に使っていって欲しいなと
思います。