昨日は

ラブレターチラシ戦略セミナーを

都内で開催しておりました。

 

6名の方にご参加いただき、

集客できるチラシ作りの本質について

じっくりと考える

濃い2時間となりました。

 

 

中でも皆さんの

リアクションが大きかったのは、

=====

絶対作っちゃいけない

チラシワースト5!

=====

というお話。

 

 

「集客できるチラシ」を考える時、

最初に考えて欲しいのは、

その対極にある

「集客できないチラシ」の特徴です。

 

 

これはチラシに限らず

なんでもそうですよね。

成功の反対は失敗。

 

 

だとしたら、

失敗事例を学ぶって大切ですよね。

 

 

今日は、メルマガ読者さんに

特別に

=====

絶対作っちゃいけない

チラシワースト5!

=====

のうちの1つを教えちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、、、、ズバリ、、、

 

=====

ライバル真似チラシ

=====

です。

 

 

ライバルが

このチラシで成功したから、と、

ライバルのチラシの構成や

キャッチコピーなどを真似して

チラシを作るって

絶対やっちゃダメなんです!

 

 

ライバルに失礼!

とか、そういう話じゃなくてです^ ^

 

 

サービスの本質や

ビジネスの理念など

コア部分がライバルとは

違うはずなのに、

 

そっくりそのまま

真似してしまうと、

うわべだけの

中身の薄いチラシになってしまうんです。

 

 

また、

ターゲットが男性か女性かによっても

響くチラシの構成や

ライティングは

ガラっと変わってくるんですよね。

 

男性ターゲットのチラシを

女性ターゲットのチラシに作り替えても

上手くいかないというのも

よくあること。

 

なぜなら、男性脳と女性脳は違うから、

響くコピーも、チラシのデザインも

違うんですよね。

 

 

そんなわけで、

=======

集客に成功した(らしい)

ライバルのチラシを真似する

=======

ことほど、

遠回りで、キケンなことはありません。

 

 

他人の芝は青く見えますからね!

お気持ちはわかりますが、

真似したチラシが原因で

ヤケドを負うなんてことないように

しましょうね。

 

 

ライバルのチラシを真似する前に、

あなたならではの魅力あるサービスを整え、

ビジネスを加速させましょうね。