今日はちょっと

キビしいお話を。

 

 

「自社のサービスには自信があるんです。

それなのに、チラシを配っても

反応ゼロなんです。」

 

 

教室業や先生業の方から

こんなお話を

聞かせていただくことが

時々あります。

 

 

でも、

ちょっと待って欲しいんです。

 

 

 

自社サービスに自信が持てることは

とても素晴らしいことだと思いますよ^ ^

 

でも、自信があるからって

それが売れるかどうかは

全然別問題なんです。

 

 

どうしてか、わかりますか?

 

 

 

あなたは、その道の専門家です。

 

業界の常識や、当たり前、

何からどう手を打てば成果が出るか

どういう流れで進めていくのか等、

すべてを知り尽くしていますね。

 

業界のことは

頭にいっぱい詰まっていて、

情熱と使命をもって活動している。

 

 

でも、

あなたのお客様候補はどうでしょう?

 

 

あなたの業界のことなんて

知っていても上辺だけ。

 

ちょっと興味を持ったから

気になり始めてはいるけれど、

「自分にピンと来ない」なら即却下、

「元々自分と関係なかった世界」

という判断になります。

 

 

この「温度差」わかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提供サイドと

お客様候補の間には、

大きな大きな

「経験と熱量」の差があります。

 

この差を理解しないで

チラシを作っても、

 

・つい上から目線の訴求になったり

・専門用語を多用したり

・独りよがりな解説になったり

・難しそう、

というイメージを定着させたり

 

してしまうんです。

 

 

そうなるとおのずと

チラシの反応も良くないわけです。

 

 

いかがでしょう?

あなたは、

お客様候補の目線に降りて

対話をしていますか?

 

お客様候補に

すとんと腑に落ちる

表現を使ってますか?

 

そして、二者の

「温度差」を縮めていますか?

 

 

チラシで集客できない真因は

「チラシ以外にある」ことが多いです。

 

集まらない真因を見つけて

ビジネスをしっかり安定させていきましょう。

 

 

それでは!

今日はこのあたりで。

 

 

明日からカレンダー的には

三連休ですね。

雲が多いながらも

酷暑が予想されています。

お仕事のあなたも、

お休みのあなたも

くれぐれもお体ご自愛くださいね。

 

 

いつもお読みくださり、

ありがとうございます。