お久しぶりです。

先週お盆のお休みをいただいた後は、
セミナーを開催したり、
個別のコンサルティングなど
お仕事を再会しておりました。

 

 

セミナーには
関東圏の方だけでなく
名古屋や大阪からの
参加者の方もいらして

 

チラシの疑問について解決したい!
という思いの強い方が
本当に多くいらっしゃるなと
改めて実感いたしました。

 

 

セミナーでは
毎回と言って良いほど
「キャッチコピーって重要ですよね?」
というお話が出ます。

 

 

確かに重要です!!!
とお答えしていますが、

 

実は、キャッチコピーというのは、
とらわれすぎると
反応は、望むものにはならないんです。

 

 

特に、セールスコピーライティングを
学ばれている方ならわかると思いますが、

インパクトがあると良いかな、、、
若干煽りの表現を入れないとな、、、
オファーを強くしないとな、、、
思えば思うほど、

 

表現が強すぎたり、
自社のブランディングと
コピーの印象に違和感が生じたりと
問題が出て来てしまうんです。

 

 

キャッチコピーは
読んで字のごとく
「お客さまの心を
キャッチして離さない文章」
のこと。

 

ということは、、、、

 

 

インパクトも
煽りもオファーも
効果があるかもしれませんが、

それ以前に、
お客様の立場をわかってあげて、
お客様の悩みや不安を
丁寧に把握してあげて、
それを表現してあげることが大事です。

 

売れるキャッチコピーの型や、
読んでもらえるチラシの型を
集める前に、

お客様の本音を知り尽くすこと、
やってみてくださいね。

 

 

毎回ご好評いただいている
チラシセミナーですが、
次回は【10月4日(水)】に
新宿にて開催します。
http://loveletter-chirashi.com/new/

詳細が決まりましたら
またメルマガでご案内いたしますね。

 

 

それでは、今日はこのあたりで。

 

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。