今日は、湘南にあるクライアント様の
オフィスにこれから伺うのですが、
お天気が良くて穏やかな海の風景に触れられ、
幸せいっぱいの長谷川でございます。
(写真は、東海道線の車中から撮影。)

 

コンサルティングのお仕事を
させていただいていると
こうして普段行かないところに
出かける機会をいただけたり、

また、オンライン通話で、
全国の経営者様や事業主の方と
お話できたりして
とても有り難いなーと思います。

 

今日も頑張ってきます!

 

 

 

 

 

さてさて。

今日のテーマは、
===========
カンタンに反応が取れる
キャッチコピーを書くコツ
===========
です。

 

 

作るのがすっごくカンタンなのに、
集客に直結する
キャッチコピーが作れたら
良いですよね。

 

 

日頃クライアントさんから、

 

・キャッチコピーの本を買って読んだのですが、
結局自分のビジネスに合ったフレーズが
よくわからないです。

 

・煽動するようなコピーは
使いたくないのですが、
自分で考えるとありふれたフレーズに
なってしまうんです。

 

といったお悩みを伺うこと、
よくあるんです。

 

 

 

みなさんとても勉強されていて
=========
集客において、
キャッチコピーが重要であること
=========
をご存知なのですよね。

 

 

でも、だからこそ
難しく考えてしまいがちな方が
多いのです。

 

 

 

では、
すっごくカンタンなのに、
集客に直結する
キャッチコピーとは、
何なんでしょう。

 

 

 

 

それは、本当に超カンタン!

=========
理想のお客様が
心の中で、自分の悩みを
どんな表現で呟いているか。
=========
をリサーチすれば良いだけです。

 

 

 

例えば、
学習塾の場合。

前提としては、
チラシのターゲットが中2男児。
定期テスト直後に打つチラシの
キャッチコピーなら、

 

「中間テストの平均点73点か、、、
このままだと受験ヤバいかもな・・・。」
心の中で呟いている
ターゲットがいるとします。

 

 

だとしたら、
「中間テストの平均点73点か、、、
このままだと受験ヤバいかもな・・・。」
を、そのままチラシのキャッチコピーにすれば
良いということなんです。

 

 

 

これだけです(キッパリ!)。

 

カンタンじゃありませんか?

 

 

ターゲットは
自分の頭の中で考えているそのままを
表現しているコピーに
まさにハートをキャッチされるので、
感情が動き
問い合わせに繋がる可能性が上がる
わけです。

 

 

いかがでしょうか。

 

あなたのビジネスの場合だったら、
ターゲットは心の中で
どんなこと呟いていそうでしょう?

 

 

ぜひ考てみてください。

 

そして、
キャッチコピーに使って反応を見てみて
くださいね!

 

 

 

それでは!今日はこのあたりで。
いつもありがとうございます。

 

 

ラブレターチラシ
長谷川なみ