前回のブログで、
「機能」だけを伝えていては
売れません、と書きました。
溢れ続ける膨大な情報。
便利な商品サービスも飽和状態。

そんな中、商品サービスの
「スペック・機能」だけを伝えて
いたのでは、
見向きもしてもらえないですよね。

 

 

伝えなくては行けないのは、
===========
機能ではなく「価値」
===========
では、「価値」って
一体なんなんでしょうね!

 

 

 

「価値」はひと言でいうと
============
幸せになれるイメージが
ありありと想像出来る事。
============
だと思います。

 

 

「このサービス買いたい!!!!
だって、○○○○○○○○できるじゃん!」
というような、
上を見上げながら【購入後の未来に得られる幸せ】を
ありありとイメージできるかどうか、
ということですね。
※「○○○○○○○○○」部分に幸せのイメージが入ります。

 

 

 

 

例えば「ハウスバーモントカレー」。
ハウス食品さんのサイトには、
「機能」と「価値」の表現を分かりやすく
別々に掲載してありましたよ。

 

 

【バーモントカレーの機能】
https://housefoods.jp/products/catalog/cat_1,curry,roux,vmt.html

【バーモントカレーの価値(動画:テレビCM)】
https://housefoods.jp/products/tvcm/15cm_151001_01/index.html
テレビCMでは
バーモントカレーが
いかにハロウィンパーティーを
盛り上げてくれるか、
楽しい場作りをしてくれるかという
「価値」がかわるようになっています。

 

 

購入後に得られる幸せを
動画で見せてくれているんですね。

 

一方で「機能」が書いてあるページは
まさに、スペック。

 

どんな原材料を使っているかということをはじめ、
解説文がメインとなっています。
いかがでしょう?

 

 

人は購入後の未来に
いかに楽しいことが待っているかを
わかりやすく伝えてもらえたら、
興味を持ちます。

 

 

あなたはどうですか?
「機能」と「価値」をどんな風に
サイトやチラシ、リーフレットなどで
伝えていますか?

 

 

「バーモントカレー」は
とてもわかりやすい事例なので、
ぜひ参考にして頂き、
ご自身のマーケティングに役立ててみてくださいね。