こんにちは。
ラブレターチラシの長谷川なみです。

 

さて、昨日は、
東京都中小企業振興公社さまにて
セミナーを担当させて頂いて来ました。

 

様々な分野で起業を考ている
女性向けにお話をしてきたのですが、
自分の起業初期の頃を振り返ることができ、
とっても大きな学びになりました。

 

起業したての頃、
私はデザインを一度手放したくて
「数秘術」のセッションをしていた
なんていう時期もあったんですよ^ ^
(懐かしい、迷走時代、、、笑)

 

セミナーでは、
マーケティングの基礎中の基礎のお話を
しましたが、好評いただきました。

 

私自身も、基礎や初心を忘れずに
これからもやっていこうと思います!

 

 

 

さて、今日のテーマは
=============
あなたのチラシが捨てられる理由
=============
です。

 

あなたは、チラシを作る時、
どんなことに注意してますか?

 

このメルマガを読んでいる
あなたに限っては
「書きたい情報をとにかく書いている」
なんてことはないと思いますが、

 

チラシを始めとする広告というものに、
人は【拒否反応】を示すのが普通です。

 

なぜなら、、、
【騙されたくない】し
【うさん臭い】からです。

 

ですので、
「THE 広告!!!」
という見た目のチラシは
なかなか読んでもらえないんですね。

 

ところで、広告の「壁」って
ご存知ですか?

 

【 よ し こ の壁】と呼ばれるもので、

 

=======
人は広告を
【よ】読まない!
【し】信んじない!
【こ】行動しない!
=======
という考え方です。

 

あなたはどうですか?
目に入ってきた広告

読みますか?

信じますか?

行動(申込)しますか?

 

 

相当、信頼できる情報が無い限り、
また、ご自身にニーズが無い限り、
読んで信じて行動しませんよね?

 

ですから、
あなたがご自身のチラシを作る際、
この
【よしこの壁】を突破できる
チラシの構成やデザインにしないと
いけないんです。

 

読まない人を、読ませるには
どんな情報を記載すべき?

信じない人を、信じさせるには、
どんな情報を記載すべき?

行動しない人を、行動させるには、
どんな情報を記載すべき?

 

 

ぜひ一度、考てみてくださいね!!!

 

お一人で考えるのが難しい方は、
こちらへいらしてください^ ^

最新セミナー予定

 

 

 

それでは、
今日はこのあたりで。

 

今日はこれから、
ライティングの講座で
ガッツリ学んできます。

 

昨年から、
セールスコピーライティングや
チラシライティング、
メルマガライティングなど、

文章でいかに見込客を口説くか
という学びに
とことんハマっております。

 

ライティングは、
本当に奥が深いですよね。

 

 

 

いつもお読みくださり、
ありがとうございます。